総合効果音ライブラリ 効果音源第3版 (HDD)
========================================================================


オールインワンの大容量 総合効果音ライブラリで
効果音・音響
演出を高品質に、快適に!

HDD(外付けハードディスクドライブ)にWAVファイルを大量に収録したパッケージです。
生録音音源、電子音など高品質な約12,000ファイルの総合セットです。
 環境音に使いやすい1〜3分程度の音源も多数収録しています。
ご利用毎の利用料金のお支払いは必要ありません。(ロイヤリティーフリーです。)
WAVファイルは検索で探しやすい、日本語リネーム済。

 メディア USB外付けポータブルHDD
(商品は市販品HDDにデータを入れてお送りします。
 パッケージはございません。 )

 素材数

約12,000ファイル 
 データ サイズ  約75GB
 フォーマット WAVEファイル 44.1kHz 16bit


商品代金


 パーソナルユース 
 
個人様向け
 (商用利用可能です) 
 32,400円(税込) 

 ビジネスユース 
 
法人様向け
 97,200円(税込) 

※(メディア代金、ライセンス料金、送料込み)の価格です。


ご利用規約
パーソナルユース >> ライセンス詳細
ビジネスユース >> ライセンス詳細


音源のご試聴

こちらよりほぼ全音源をご試聴いただけます。
特に生録音源の音質の良さを、ぜひご確認いただけましたら幸いです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


※ご受注を受けての生産となります。
お届けにはお時間をいただく場合がございます。
※ハードディスクドライブはご購入日より1年間の保障をさせていただきます。
万一故障された場合は、保障書を同封の上ご返送くださいませ。
※お申し込みいただいたメールアドレスは製品のアフターサービスに
利用させていただく場合がございます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


フリー素材サイトで効果音を探しまわるのは終わりにしませんか?

音響効果はマネジメントの側面が強い制作分野です。
限られた時間、リソースでコンテンツにとって最大の効果を。
お手元に自由にアクセスできるWAVデータを
ストックしておくことはその助けになります。
今まで効果音を探していた時間を思い出してみて下さい。
品質の問題、バリエーション
少な尺が短い、
素材のライセンスが本当にクリアなのかなどのリスク、煩雑な確認作業・事務手続き..etc


非創造的な作業・時間をもっとクリエイティブなことや
作品にとって重要なことに割り振りませんか?

--------------------------------------------------------------------------------------------------
カテゴリ分けされ、バリエーション豊かなサウンド

素材は1種類だけでなく各カテゴリ、いろいろな角度からバリエーションを収録しています。
それは、必要だからです。
○○の音、ただひとつでオールマイティーな演出を行うことはできません。
音は演技であって、様々な演出意図を表現するためにバリエーションは欠かせないものです。
また過度にエフェクト加工などを施さずナチュラルな音源も多数収録していますので
制作者側でエディットを行う際にも自由度のある編集が可能です。



音源はこちらのサイトでご視聴いただけます。
※WEBにアップされている素材をほぼ全て収録しています。

※カテゴリ分けは変更になる場合がございます。



良質な音質〜基本を大切にした誠実な録音

良い録音の基本は良い機材を使うことです。
ソフトウェアの進歩が目覚ましい昨今ですが、後処理でごまかさない
音の入り口にしっかり心を配っています。
業務用機器を用いて収録されたサウンドは骨太で豊かなリアリティを生み出します。
また、海外ライブラリには少ない日本特有の音を多数収録しています。
セミやスズメ、カラスなど日本を舞台にした作品の演出に適したサウンド

多数収録しています。







クリアなライセンス

身近な効果音製品というと効果音CDが挙げられますが、ライセンス上作品制作に使えない、
もしくは別途で権利処理手続きが必要なものも存在します。
効果音CDとして店頭に並んでいるのにそんなことあるの?と思われるかもしれませんが
一般向けのCDと業務用のライブラリとは分けて考える必要があります。
大手レコード会社制作のCDの利用に対して問い合わせをしてみると実際
そのような回答が返ってくることもあります。
効果音CDとして販売されていても、それを購入することと作品に利用できることは
必ずしもイコールで結ばれず、個別にライセンスの確認をする必要があります。
また、フリー素材サイトや投稿型の素材サイトでは制作者の知財に対しての知識が乏しいため
悪意なく他者の権利を侵害していると思われる素材も散見されます。
1社提供の総合ライブラリはリスクコントロールの面でも煩雑な確認作業を避けて
スピーディーな制作のお役に立てるかと思います。

 

コストパフォーマンス

効果音は通常サンプリングCDや単体のパッケージとして販売されていますが、
必要なジャンルすべてについて一つずつ買い集めることは現実的ではありません。
そもそも、従来の業務用効果音ライブラリ自体 サウンド制作を専門に行う
MAスタジオや放送局への納入を想定したもので大変高価なものです。

効果音を1点づつライセンス購入できるサービスも増えてきましたが
基本となる総合ライブラリをまずひとつ手元に揃えて置くことは
試行錯誤のスピードの面、自由度で違いが出てきます。


効果音源のネーミングに込めた思い


効果音+音源のかけことばとしてネーミングを行いました。
コンピュータによる音楽制作の現場ではバーチャルな楽器がたくさん
収録された音の元になるような機材のことを「音源」と呼ぶことがあります。
その効果音版、効果音を自由に再構築できるもとになるツールを目指す
という思いがあります。

絵を描くにはペンや画材が必要です。
同じように効果音・音響制作も必要な道具があります。
マイクやレコーダーなどの音の収録機器、それに加えてとても大切なもの。
それは、たくさんの音が集まったライブラリです。

まずライブラリがあることがコンテンツの音響演出にとって
選択肢がある、という状態に直結する要素なのです。

なぜ、今まですべての人が音響演出を行うことが難しかったのか。
それは充実したライブラリにアクセスできる環境が無かったからです。

その状況を解決するために、このプロダクトを作りました。

実際、絵を描いたり、作曲したりすることに比べて音響制作の基本技術は
比較的短時間で習得できます。
(もちろん深い世界ではあるのですが。)

まず足りないのは素材なのです。

誰にでもお使いいただける価格で、総合効果音ライブラリを。

いままで大規模制作会社や専門の音響制作業者以外は
アクセスできなかった"総合音響素材を使う環境"を
創造活動を行うすべての方へお届けしたく思っています。


Q&A

Q.決済方法を教えて下さい。
A.クレジットカード払い(VISA、MASTER)、銀行振り込み、コンビニ・Pay-easy決済がご利用いただけます。

Q.送料を教えて下さい。
A.送料込みの価格とさせていただいています。(海外発送は行えません。)

Q.会社内の制作スタッフが1名のみなのですが個人向けのライセンスで利用可能でしょうか?
A.はい、法人内でご利用いただくすべてのスタッフ分のライセンスを購入いただければ
 個人向けのライセンスでもご利用いただけます。






 Produced by 株式会社こだまプロダクション Codama Production Inc.  2005-2015 All Rights Reserved / Illustration タカハシユリ [チヨコ]