効果音源 コンテンツ制作者のための録音素材ライブラリ
>総合効果音ライブラリ 効果音源3 トップページに戻る

コラム 効果音の作り方〜生録音


今ではWEBサービスとして手軽に
ダウンロードできるようになった効果音の音源素材。
それらはいったいどういった方法で作られているのでしょうか。

今回はその基本、生録音をピックアップしてみます。



  
音源の調達方法はいろいろありますが基本はやはり生録音です。

 ・PCMレコーダーを使って録音する。
 ポータブルレコーダーとも呼ばれるTVのリモコン大の機器を使用します。
 ここ10年ほどでこのカテゴリのレコーダーが飛躍的に使いやすく、高音質になりました。

 録音後、フラッシュメモリに非圧縮のwavファイルとして音源が記録されます。
 そしてUSBケーブルを接続し、ファイルを直接PCにコピーすることができます。
 今では当たり前に行えることですがこの使い勝手が大変よく
 一気にPCベースでの録音音源・活用の敷居が下がりました。
 音質も驚くほど良好で、1台持っておくと様々なクリエイティブにきっと役に立つことと思います。
 効果音制作としてのおすすめのメーカーはSONY、ROLAND、TASCAM、KORG、ZOOMなど
 会議用のボイスレコーダーカテゴリではなく音響制作機器の周辺メーカーで
 探すとよいと思います。

 ・スタジオで収録する。
 雑音の混入を極力避けるには防音スタジオでの収録を行います。
 声の収録・楽器の収録は高音質になってきたとはいえ、ポータブルレコーダーではなく
 音質に優れた各種マイクで収録を行います。
 声優さんがマイクに向かっている写真を見たことがある方も多いのではないでしょうか。
 あのような空間で楽器にも様々にマイクを立てて集音を行います。
 かつてはテープメディアに録音していましたが今ではPCベースでのデジタル録音
 にほぼ完全に切り替わりました。
 効果音の"動作"を主に生録音するスタジオをフォーリースタジオというのですが
 日本では映画の撮影スタジオに併設されているように予算のつくプロジェクトでしか
 なかなか手軽に使える状況にはありません。
 

 ・マイクの種類
 音を記録する部分はデジタル化で大きく使い勝手が進歩しましたが
 空気を伝わる音→電気信号の変換の基礎部分、マイクは意外と古い定番なものが
 使われて続けていたりします。
 ホンダのバイクの"カブ"が何十年も前の設計で今も現役なように
 マイクも何十年も前に設計されたものが今でもしっかり現役だったりします。
 もちろん最新のより特性に優れたもの、コストパフォーマンスに優れたものは
 生まれてきているのですが、録音の最前線ではかつての技術の粋を集めた定番
 が意外と幅をきかせています。

  ・ダイナミックマイク
   カラオケマイクに使われるような大音量に強く、壊れにくいマイク。
   効果音ではドラムのような大音量の収録、低音に特徴がある音源の
   低音を拾うために活用したりします。
   通常の効果音制作ではSNの良さや音の繊細さからコンデンサーマイクのほうが
   活用頻度は多いです。

   代表的なマイク:
       SM57(シュアー)、MD421mk2(SENNHEISER)通称くじら^^、
       ATM25(オーディオテクニカ)低音収録など


  ・コンデンサーマイク
   マイクの動作に通電が必要なタイプのマイクです。
   ダイナミックマイクと比べて繊細に音を集音できる特徴があります。


   ◆ラージダイアフラム・コンデンサーマイク
   声の収録ではノイマンのU87、U87Aiなどの定番マイクがあります。
   繊細な音を拾えるので布ずれなど動作の音を収録したりします。
   効果音収録の現場ではC414(AKG)が多く使われているような印象があります。
   人間の動作の音はこの一本とガンマイクのMKH-416で全て録りきることも多いと思います。
   制作ではスピードが要求されることが多く、マイクを選んでいる余裕が少ないことと、
   音質の統一感を得るため、という理由があると思います。
  
   ◆ガンマイク
   マイクには前からの音によく反応するマイク、全方位からの音もよく集音するマイクなど
   マイクの前方からどれだけの角度でどれだけの強弱で音を拾うのかという特徴がそれぞれにあります。
   ガンマイクはマイクを向けた先だけの音をよく拾い、周辺からの音はあまり拾いません。
   映像のロケなどでは周辺雑音を拾わずに声など大切な音がよく聞こえたほうが都合がよいです。
   そのためガンマイクが使われます。
   効果音作成では野鳥の声の収録など近づきにくく、周辺雑音の影響をなるべく抑えたい
   場合によく使われます。
   また、MKH-416という定番のガンマイクには独特の打ち出しの強さがあるため
   それを活かす形でも使われます。

   代表的なマイク
      MKH-416(SENNHEISER)、MKH-816(SENNHEISER)






>総合効果音ライブラリ 効果音源3 トップページに戻る




■お問い合わせ先
株式会社こだまプロダクション
E-mail :post(アットマーク)codama.co.jp
TEL   :06-6674-8288





Produced by こだまプロダクション  2005-2015 All Rights Reserved